ここから本文です

グッチで検索した結果

記事検索結果

[ 前のページ次のページ] 21件中115件を表示しています。
  • 欧州主要株式指数、続伸 
  • 2月13日(木)2時55分 フィスコ
  •  12日の欧州主要株式指数は続伸となった。新型肺炎の感染拡大による景気への影響を懸念しつつ、企業決算への期待が強まった。また、欧州中央銀行(ECB)や連邦準備制度理事会(FRB)が当面金融緩和を維持するとの期待も下支えとなった。自動車やエネルギー関連が高[ 記事全文 ]

  • 欧州主要株式指数、まちまち 
  • 1月24日(金)2時54分 フィスコ
  •  23日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。新型ウイルス感染拡大が世界経済の新たなリスクになるとの懸念に投資家心理が悪化。女王が法案を裁可し、31日のEU離脱を確実にした英国の指数は唯一横ばいで引けた。欧州中央銀行(ECB)は理事会で市場予想通り金融政[ 記事全文 ]

  • 欧州主要株式指数、まちまち 
  • 1月17日(金)2時58分 フィスコ
  •  16日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。米中第1段階貿易協定やNAFTAが成立する一方で、欧米の貿易摩擦は存続。米国による対欧州自動車関税が警戒され上値を抑制した。公益事業関連が強く、2008年後半以降で最高値を更新。ドイツの大手エネルギー会社、R[ 記事全文 ]

  • 欧州主要株式指数、まちまち 
  • 12月6日(金)3時08分 フィスコ
  •  5日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。米中貿易部分合意成立への期待が継続する一方で、ドイツの製造業受注が予想外のマイナスに再び落ち込むなど経済指標が嫌気された。フランスの高級ブランド、グッチなどを傘下に持つケリングはイタリアの高級ブランドモンクレア[ 記事全文 ]

  • 欧州主要株式指数、まちまち 
  • 12月4日(水)3時58分 フィスコ
  •  3日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。米中貿易の早期合意成立への期待が後退したほか、トランプ大統領がフランスが決定したデジタル課税への報復として、一部のフランス製品に関税を課す方針を示したことが嫌気された。一方、イタリアと、ドイツの指数は上昇して引[ 記事全文 ]

  • 欧州主要株式指数、まちまち 
  • 7月27日(土)2時18分 フィスコ
  •  26日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。欧州中央銀行(ECB)が25日の定例理事会で9月会合での追加緩和を示唆したことが投資家に安心感を与え下値を支えた。フランスのケリングは7%下落。第2四半期決算電話番号傘下の高級ブランド、グッチの売り上げが予想[ 記事全文 ]

  • 欧州主要株式指数、まちまち 
  • 4月19日(金)1時28分 フィスコ
  • 18日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。域内の4月製造業PMIが予想を下回り相場の重しとなった。一般消費財メーカー、ユニリーバは好決算が好感され3%高で引け。フランスの重電メーカー、シュナイダーエレクトリックも予想を上回る決算を発表し2.7%高で引[ 記事全文 ]