ここから本文です
[ 前の写真次の写真 ]

エヌビディア、2四半期連続で低調な決算内容。ゲーム・データセンター需要低迷

5月21日(火)21時00分配信 LIMO

GPU大手のエヌビディアが発表した2020年度第1四半期(19年2~4月)業績は、売上高が22.2億ドル(前四半期比1%増/前年同期比31%減)となり、2四半期連続で低調な内容となった。ゲーミングおよびデータセンター向けの需要減に加え、仮想通貨向けの落ち込みがこれに拍車をかけた。

最終更新:5月21日(火)21時00分

LIMO