ここから本文です

新型肺炎は「中国のチェルノブイリ事故」に!?上半期の中国経済、ゼロ成長のシナリオも

2月15日(土)14時01分配信 ザイFX!

NYダウ 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
NYダウ 日足 (出所:Bloomberg)
米ドル/円 日足 (出所:Trading View)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Trading View)
日経平均 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
日経平均 日足 (出所:Bloomberg)
NYダウ 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
NYダウ 日足 (出所:Bloomberg)
中国GDP 前年比 (出所:Bloomberg)
拡大写真
中国GDP 前年比 (出所:Bloomberg)
ドルインデックス 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
ドルインデックス 日足 (出所:Bloomberg)
世界の通貨VS円 日足 (出所:ザイFX!)
拡大写真
世界の通貨VS円 日足 (出所:ザイFX!)
ユーロ/米ドル 週足チャート
拡大写真
ユーロ/米ドル 週足チャート
■中国新型肺炎が広がる中、金融市場は驚くほど冷静
 中国新型肺炎の広がりは悪化する一方だ。もともと信用できない中国政府公表の死者数でさえ急上昇の傾向を示し、日本でも死者が出始めた深刻な状況にも関わらず、株式市場や為替市場は驚くほど冷静な値動きを見せている。

 米国株の三大指数は、また揃って高値更新、米ドル/円は本稿執筆時点で110円の大台目前に迫り、日経平均は2万4000円の手前で推移している。

 中国の工業生産が大打撃を受け、世界のサプライチェーンがすでに深刻な問題に直面しているにもかかわらず、である。

 正直に申し上げると、筆者のような「強気一貫」な「楽天家」でさえ、今回の相場の反応に驚く。

 さらに、新型肺炎自体に関して、筆者は悲観的に考えているから、サプライズなしと言えばウソになる。

 それにしても、いろんな材料、いろんな見方、また、いろんな思惑を織り込んだか、今織り込んでいるのが相場であるから、相場のことを相場に愚直に聞くしかない。

 繰り返し指摘してきたように、悪材料が満ちる環境でも株高が維持され、さらに高値トライし続ける場合に、「相場が間違った」といった考え方をするのは危険なことであり、自分勝手なふるまいというほかあるまい。

 深刻な状況に直面しても、米国株をはじめとしてブル基調を維持できているのはほかならぬ、相場の内部構造がブルトレンドを指示、また、支えているからだ。

 悪材料を無視する相場は、バブルだの危険だのと言いやすいが、それに沿って行動すると(逆バリ)、大きな損失を招き、また、その損失に比例して相場がさらに上昇していく、という現象もよく観察されてきた。

 俗にいう「踏み上げ」の現象も、ブルトレンドが加速する重要な一因であることは見逃せない。

 ただし、いくら強気相場とはいえ、事態がさらに深刻化する場合は、やはり、途中のスピード調整を引き起こすだろう。

■中国新型肺炎は「中国のチェルノブイリ事故」に? 
 今回の新型肺炎の場合、いろんなウワサが飛び交い、真相がなかなかつかめないが、とにかくヤバいことだけは間違いない。下手すると、今回の件は「中国のチェルノブイリ事故」となり、中国共産党の統制を終焉させるきっかけになる可能性さえあると思う。

 あまり公に書けない部分もあるが、中国に最初に国境封鎖を申し入れたのが北朝鮮だったことは興味深い。表面上、北朝鮮は医療レベルが低いから恐れているといわれるが、本当は金正恩氏が他国よりいち早く情報を入手でき、また、その情報に基づいて決断せざるを得なかったのだとウワサされている。

■2020年上半期の中国は「ゼロ成長」の可能性も
 中国共産党の統制を揺るがすほどの同情報の衝撃の中身について、今、言及するのは時期尚早(根拠の有無など厄介な問題が多い)だが、武漢市や湖北省だけでなく、北京、上海、深圳、広州や重慶といった、ほぼすべての中国主要都市が事実上の機能停止に陥っていること自体が中国にとっての国難というほかあるまい。

 実際、米国民の香港撤収も始まったから、香港もかなりヤバい状況にあることは間違いない。下手をすると、今年(2020年)上半期において、中国の経済成長がゼロとなる可能性さえあるかと思う。

 世界の工場といわれる中国の機能停止は早晩、世界景気に大打撃を与える。さらに、現在、日本にも新型肺炎が広がる気配があり、中国における感染の状況を考えると、このウイルスがかなり厄介な存在であることだけは確かだ。

 もっとも厄介なのは、感染者が発病しないうちに他人に感染させることがあり、また、感染する能力が極めて高いこと。換言すれば、防ぐ有用な手段がなかなかないから、事態が深刻になる覚悟を今からしておいたほうがいいかと思う。

 最悪の場合、東京オリンピックが開催できなくなる恐れもある。ここまで考えるのは大げさだと思われるかもしれないが、ここまで考えないといけない時期にきているはずだ。

■楽観一辺倒から中立の立場に見通しを変える
 したがって、これからの相場見通しに関して、筆者は楽観一辺倒から中立の立場に戻り、状況次第というか、かなり流動的、また、劇的な市況があり得ると思う。

 ただし、前述のように、相場は市場参加者の集大成であり、筆者のような一個人が把握した情報や思惑を相場が知らない、織り込んでいないとはまったく考えられない。

 この意味では、繰り返し指摘しているとおり、こういった危機的な状況に直面しても、相場が動揺せず、冷静な値動きを見せていることは、歴史的な大型ブルトレンドの真っ只中にある証拠と見るべきだ。

 さらに、筆者のような「強気一貫の者」でさえ、慎重論を言い始めたにもかかわらず、ブル相場が一段と延長されることがあれば、本当のバブル的な大相場がこの先にあることも間違いないだろう。

 相場は現実に先行する。

 ブルトレンドが一段と加速するならば、それは近々、中国で事態の鎮静化が見られ、日本や世界各地における新型肺炎の蔓延が阻止できることを予言する値動きとなろう。この意味においても、ブルトレンドの継続を切に祈っている! 

■米ドル全体の強気相場はしばらく継続
 為替相場では、米ドル全体(ドルインデックス)の堅調さに、まず注目しないといけないだろう。前回のコラムで示したように、ドルインデックスが昨年(2019年)11月高値をブレイクできるかどうかはテクニカル分析上における重要なポイントなので、このブレイクが確認された以上、米ドル全体の強気相場はしばらく続くと思う。

 それとリンクしたように、確かに米ドル/円は堅調な値動きを見せているが、主要クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の値動きからは、やはり、外貨安・円高の傾向が否定できない。主要クロス円の上昇なしでは、米ドル/円の本格的な110円の大台ブレイクも後ずれになる公算だ。

 もっとも、米ドル全体の強さを、新型肺炎の蔓延という理由で解釈されることには違和感がある。リスクオフの米ドル高を主張する一方、同じリスクオフをもって米国株の強さを説明できないなら、理由の後付けというほかあるまい。

■ユーロ/米ドルには近々、底打ちのサインが点灯するかも
 この意味では、大きく下落して昨年(2019年)安値を割り込むユーロ/米ドルの値動きは、中国肺炎云々よりテクニカル分析の要素が主導する可能性が大きいから、引き続きテクニカル分析上の根拠をもって考えてみたい。中期スパンに関する見方は、下記レポートをご参照(2月13日作成)、市況はいかに。

 ユーロ/ドルは安値更新しているが、デイリーの記述の通り、これから大幅な下値余地を拓き、忽ちベアトレンドを加速していく、というシナリオはなお性急だと思う。まず週足におけるRSIのサインを確認しておきたい。

 週足におけるフォーメーション、2018年高値から大型下落ウェッジを形成してきた。目先安値更新しているものの、同フォーメーションにおける元抵抗ラインが支持ラインと化す可能性も示唆される。同見方、RSIにおける強気ダイバージェンスの構築がもっとも有力視され、またサインとして利用できる。ここから下値限定なら、近々底打ちのサインを点灯しよう。
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

最終更新:2月15日(土)14時01分

ザイFX!

 

情報提供元(外部サイト)

ザイFX!

世界経済と米ドル/円相場の見通しは? スプレッド最狭のFX会社はどこ? …FX情報サイト「ザイFX!」がFXと為替の疑問をズバリ解決! ビットコイン・仮想通貨情報も!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン