ここから本文です

【ディーラー発】ドル円弱含み(NY午前)

2月15日(土)2時21分配信 セントラル短資FX

ドル円は米・小売売上高が予想通りとなったものの、前回値の下方修正が嫌気され一時109円69銭付近まで下落。一方、英債利回りの低下を受けポンド売りが先行するも、下値は限られポンドドルは1.3000付近から1.3039付近まで、ポンド円が142円76銭付近から143円12銭付近まで反発したほか、ユーロポンドは0.8343付近から0.8311付近まで軟化。対照的にユーロは対ドルで1.0861付近から1.0832付近まで、対円で119円22銭付近から118円89銭付近まで水準を切り下げた。2時20分現在、ドル円109.748-750、ユーロ円118.892-896、ユーロドル1.08332-335で推移している。

最終更新:2月15日(土)2時21分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン