ここから本文です

米国市場サマリー(14日)☆2

2月15日(土)9時35分配信 時事通信

【債券】長期金利、低下=10年債利回りは1.59%
 米景気への弱気な見方や新型肺炎の拡大への不透明感を背景に、安全資産とされる債券買いが優勢となった。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比0.03%ポイント低下の1.59%となった。30年債利回りは同0.03%ポイント低下の2.04%、2年債利回りは同0.02%ポイント低下の1.43%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは同0.0131%ポイント低下の1.5791%だった。
 
【石油先物】4日続伸
 新型コロナウイルスの感染拡大によるエネルギー需要減退への懸念が後退し、4日続伸した。WTIの中心限月3月物の清算値は、前日比0.63ドル(1.23%)高の1バレル=52.05ドル。週間では3.44%高となり、プラスでの越週は6週ぶりとなった。4月物の清算値は0.66ドル高の52.32ドルだった。(続)

最終更新:2月15日(土)12時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン