ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=FOMCの結果公表や決算銘柄の動きに注目

1月29日(水)17時08分配信 モーニングスター

 29日の米国株式市場は、FOMC(米連邦公開市場委員会)や前日に決算を発表したアップルなどが市場の関心を集めそうだ。FOMCでは金融政策の現状維持が見込まれるため相場への影響は限定的となりそうだが、米中通商協議の第1段階合意や新型コロナウイルスに対する見方が聞かれるかもしれない。

 米企業決算では、前日引け後に決算を発表したアップルが時間外取引で堅調な推移をみせており、きょうの日中取引でも同様の動きをみせられるか注目だ。このほか、ボーイング、ゼネラル・エレクトリック(GE)、マクドナルド、マスターカード、テスラなどが予定している。フェイスブックやマイクロソフトは例年引け後に決算を発表している。

 なお、新型コロナウイルスに対する警戒感から27日は主要3指数が25日移動平均線を割り込んだが、28日は過度の警戒感の後退による買い戻しによりナスダック総合指数とS&P500種指数が同線を回復した。ただ、NYダウは上値を抑えられた格好となっており、引き続き注視していきたい。

<主な米経済指標・イベント>
 FOMC結果公表、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が会見
ボーイング、フェイスブック、マイクロソフト、ゼネラル・エレクトリック(GE)、マクドナルド、ダウ、ペイパル・ホールディングス、ラムリサーチ、AT&T

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月29日(水)17時08分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン