ここから本文です

〔東京株式〕大幅続落=新型肺炎の拡大を懸念した売り続く(28日前場寄り付き)

1月28日(火)9時07分配信 時事通信

 28日午前の東京株式市場は、新型肺炎の感染拡大を懸念して売られた前日の米国市場の流れを引き継いで、売りが先行している。日経平均株価は大幅に続落して始まった。
 トヨタ、ホンダ、日産自の自動車株やソニー、東エレク、村田製の輸出関連株が売られ、ソフトバンクG、ファーストリテも下落した。また、日本製鉄、JFEの鉄鋼株やコマツ、日立建機の建機株、三菱UFJ、みずほFGの金融株が下落し、JAL、ANAの航空株や三越伊勢丹、高島屋の小売株、武田、アステラス薬の薬品株も値を消している。(了)

最終更新:1月28日(火)11時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン