ここから本文です

個別銘柄戦略:エスプールや竹内製作所に注目

1月27日(月)9時10分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
エスプール 671 -41
資生堂 6,418 -134
ディスコ 21,880 -1,110
SMC 43,070 -2,200
コマツ 2,182.5 -31
先週末24日の米国市場ではNYダウが170.36ドル安の28989.73、ナスダック総合指数が87.57pt安の9314.91、シカゴ日経225先物が大阪日中比165円安の23635円といずれも下落した。週明け27日早朝の為替は1ドル=108円90-109円00銭(先週末大引け時点は109.54円付近)。本日の東京市場は中国での新型肺炎の感染拡大が悪材料となり、ファーストリテ<9983>、トヨタ<7203>、東エレク<8035>、コマツ<6301>、資生堂<4911>など中国関連株を中心に下落が予想される。一方、米長期金利の低下が進み、三井不<8801>、住友不<8830>といった大手不動産株には買いが予想され、REITもしっかりとした値動きが期待できよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたエスプール<2471>、ディスコ<6146>、SMC<6273>、竹内製作所<6432>、パナソニック<6752>、HOYA<7741>、郵船<9101>、商船三井<9104>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:1月27日(月)9時24分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン