ここから本文です

東京為替:ドル・円は上昇一服、上海総合指数は反落

1月22日(水)11時09分配信 フィスコ

22日午前の東京市場でドル・円は上昇一服となり、足元は109円90銭付近でのもみ合い。香港ハンセン指数はプラス圏を維持する一方、上海総合指数は下げに転じ日経平均株価の上昇を手がかりとした円売りは抑制された。ただ、109円台は国内勢の買い需要が観測され、ドルは下げづらいようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円79銭から109円94銭、ユーロ・円は121円71銭から121円88銭、ユーロ・ドルは1.1077ドルから1.1086ドルで推移。


《TY》
株式会社フィスコ

最終更新:1月22日(水)11時09分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン