ここから本文です

午後:債券サマリー 先物は反発、長期金利マイナス0.010%に低下

1月21日(火)15時48分配信 みんなの株式

 21日の債券市場で、先物中心限月3月限は反発。20日の米市場が休場で模様眺めムードのなかスタートしたが、午前10時過ぎからリスク回避目的の買いが優勢となった。

 中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染者拡大への懸念などから香港ハンセン指数や中国・上海総合指数が大きく下落し、つれて日経平均株価が下げ幅を広げたことが投資家心理に影響。国際通貨基金(IMF)が20日に改訂した世界経済見通しで、2020年の成長率を下方修正したことが債券相場を押し上げた面もあった。なお、昼頃に公表された日銀金融政策決定会合の結果は、大方の予想通り金融政策の現状維持が決まった。一方、日銀展望レポートは実質国内総生産(GDP)成長率の見通しを、19年度は前年比0.8%増(前回は0.6%増)、20年度は0.9%増(同0.7%増)、21年度は1.1%増(同1.0%増)にそれぞれ引き上げたが、債券相場の反応は薄かった。

 この日の先物3月限は151円97銭で始まり、高値は152円19銭、安値は151円91銭、終値は前日比20銭高の152円14銭。出来高は2兆3203億円となった。

 現物債の利回りは午後3時過ぎ時点で、10年債が前日比0.015%低下のマイナス0.010%、20年債が同0.030%低下の0.290%、30年債が同0.030%低下の0.440%だった。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:1月21日(火)15時48分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン