ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=トランプ大統領の弾劾裁判やダボス会議でのスピーチに注目

1月21日(火)17時50分配信 モーニングスター

 21日の米国株式市場では、トランプ米大統領の弾劾裁判や、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席するトランプ大統領のスピーチに注目が集まる。ダボス会議には活動家のグレタ・トゥンベリ氏も初日に登壇する見通し。イラン問題や各国との通商問題に加え、環境問題についてトランプ大統領からどのような発言が飛び出るか関心を払っておきたい。

 一方、21日のアジア時間は新型コロナウイルスの感染拡大が警戒され、株式市場は調整入りとなった。中国は24日から春節の大型連休となることから、日本同様に中国人の旅行先として人気の高い米国も感染拡大リスクが意識されれば上値を圧迫する恐れがある。

<主な米経済指標・イベント>
トランプ米大統領の弾劾裁判の審理開始、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、24日まで)にトランプ大統領が出席

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月21日(火)17時50分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン