ここから本文です

JASDAQ平均は続伸、個別材料株中心ににぎわい続く/JASDAQ市況

1月20日(月)16時26分配信 フィスコ

JASDAQ平均は続伸、個別材料株中心ににぎわい続く

現在値
地域新聞社 614 -3
新都HLD 132 ---
イワブチ 9,080 +1,500
大日光E 1,056 -100
オータケ 1,789 +20
JASDAQ平均:3938.39 (+17.81)
出来高:8159万株
売買代金:584億円
J-Stock Index:3473.91 (+0.79)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、J-Stock Indexはともに続伸し、JASDAQ-TOP20は反落して引けた。値上がり銘柄数は378(スタンダード356、グロース22)、値下り銘柄数は239(スタンダード228、グロース11)、変わらずが61(スタンダード58、グロース3)。 本日のJASDAQ市場は、先週末の米国主要株価指数の最高値更新や日経平均の上昇など外部環境の良好さを背景に、個人投資家センチメント改善の流れが波及した。前週末の米国市場では、好調な米中の経済指標を好感した買いにNYダウやナスダック総合指数がそろって最高値を更新。この流れを受けて日経平均も24000円台で推移するなど、堅調地合いが続いたことから、個人投資家のマインドも改善し、買いが先行した。ただ、個人を含め投資家の関心が主要企業の決算発表に向かうなか、積極的に上値を買い上がる雰囲気にはならず、買い一巡後は様子見ムードが広がった。キング牧師生誕の日で、今夜の米国市場が休場となることもあり、主力の東証1部市場を避けた資金が値動きの軽い中低位株にシフトしたことで、個別株物色は活発に見受けられた。 個別では、値動きの軽さから値幅取りの動きとなったオータケ<7434>が前週末比500円(+22.93%)高の2681円、地域新聞<2164>は前週末比150円(+20.78%)高の872円といずれもストップ高まで買われた。また、重松製<7980>、イワブチ<5983>、KYCOM<9685>、FVC<8462>、大日光<6635>などもストップ高まで買い進まれた。そのほか、新都HD<2776>、フジトミ<8740>、IXナレッジ<9753>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、一本調子の上昇に対する警戒感から利食い売りが出た大和コン<3816>が前週末比295円(-12.35%)安の2093円と7日ぶりに反落し、今期の営業減益見通しが嫌気された協和コンサル<9647>は前週末比560円(-11.09%)安の4490円と大幅に下落した。また、5日線を下回った多摩川HD<6838>が前週末比395円(-10.60%)安の3330円と大幅に続落し、テクノ・セブン<6852>、光・彩<7878>、菊池製作所<3444>も下落した。このほか、ホロン<7748>、朝日ラバー<5162>、チエル<3933>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、夢真HD<2362>、ハーモニック<6324>、ザイン<6769>などが上昇した。
株式会社フィスコ

最終更新:1月20日(月)16時26分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン