ここから本文です

24,000円台回復の日経平均、バブル後最高値突破も視野に

1月19日(日)22時00分配信 LIMO

円安進行などで、日経平均は1か月ぶりに24,000円台を回復

写真:LIMO [リーモ]
拡大写真
写真:LIMO [リーモ]
2020年1月17日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より108円13銭高の24,041円26銭となりました。

まずは連休明けの14日に、終値ベースで24,000円台を回復しました。2019年12月17日以来、約1か月ぶりです。その後は利益確定売りなども出て小幅にもみ合い、一時24,000円を割り込む場面もありましたが、週末には再度24,000円台に乗せて終えました。

背景としては大きく2つ。米国とイランを巡る中東の地政学リスクが後退したこと、そして米中の貿易交渉の進展です。

特に貿易交渉に関しては、15日に「第1段階の合意」で署名が行われました。投資家はこれらを好感、リスクテイクの動きとなりました。米国では株高となり、円が売られドルが買われました。

今週以降はどのような展開になるでしょうか。楽観はできませんが、足元では悪材料出尽くしともいえ、上値を試す展開になると見ていいでしょう。

17日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は5日続伸し、前日比50ドル46セント高の29,348ドル10セントとなりました。3日連続で過去最高値を更新しています。

また、17日のニューヨーク外国為替市場で円相場は小幅に反発したものの、1ドル=110円10~20銭と円安傾向になっています。日本株にとっては追い風で、週初から買われる展開になることが期待されます。

すでに米主要企業の決算発表が本格化していることに加え、今週から日本企業も2019年10~12月期決算の発表が相次いで行われます。全般的に日本株は出遅れ感があるだけに、好業績銘柄は積極的に買いに回ってもいいでしょう。

ちなみに20日(月)の米国市場はキング牧師生誕記念日のため休場です。流動性が低くなる可能性もあるので注意が必要です。

経済イベントとしては、今週20~21日に日銀の金融政策決定会合、23日に欧州中央銀行(ECB)理事会が開かれます。さらに翌週28~29日には、米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されています。

バブル後最高値をうかがう動き

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。年初に大きく下落した後は「往って来い」で反発。先週は高値圏で小幅にもみ合いましたが、5日移動平均線に下値をサポートされ、安心感がありました。

17日には一時、直近の戻り高値である12月17日の24,091円を超え、24,115円まで上昇しました。

今後の動きはどうなるでしょうか。年初に25日線を割り込みましたが、再度突破してきました。先週、若干の調整が入りましたが、すぐに反発しています。上目線であることが確認できました。

中長期的なチャートも上昇トレンドの形になっています。積極的に買いで付いていく局面といえます。

確実に行くならば、まずは再度12月17日の24,091円を超え、下値がサポートされることを確認してからでもいいでしょう。ただし、現在の価格から値幅がないことから、押し目を入れずにするすると上昇する可能性もあります。

その場合の上値メドは、バブル後最高値の、2018年10月2日の高値(24,448円)となります。ここを超えてくると、それより高値は1991年11月となり、28年ぶりの高値ということになりますので楽しみです。

逆に、このバブル後最高値を超えることができないと、しばらく調整になる可能性もあります。まずは25日線の23,750円付近をキープできるかがポイントになります。

そこを割り込んだとしても、23,500円~23,000円付近は過去に売買が積み上がっていることから下値がサポートされそうです。75日線の23,060円付近、目先意識されやすい23,000円付近までは、押し目買いの好機と考えていいでしょう。
下原 一晃

最終更新:1月19日(日)23時20分

LIMO

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン