ここから本文です

〔ロンドン株式〕3日続伸(15日)

1月16日(木)2時17分配信 時事通信

 【ロンドン時事】15日のロンドン株式市場は3日続伸となり、英FT100種平均株価指数(FTSE100)は前日終値比20.45ポイント(0.27%)高の7642.80で終了した。
 米中貿易協議の「第1段階」合意署名を控えて小動きとなった。米国株が取引時間中の史上最高値を更新するのを眺めてプラス圏で引けた。
 指数構成銘柄全体のうち、上昇は5割弱にとどまった。主な個別銘柄では、オンライン食品販売オカド・グループが2.7%高で上昇率トップ。アストラゼネカ(1.9%高)、グラクソ・スミスクライン(1.7%高)など大手製薬株も堅調。日用品・食品大手ユニリーバは0.8%高とこわばった。
 半面、英保険大手プルーデンシャルが3.7%の大幅安。前日急騰したアラブ首長国連邦(UAE)の民間医療NMCヘルスケアは2.9%安と再び売りが先行した。金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が2.5%安となるなど、銀行株も軟調だった。(了)

最終更新:1月16日(木)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン