ここから本文です

JASDAQ平均は4日続伸、個別材料株物色は活発/JASDAQ市況

1月15日(水)16時21分配信 フィスコ

JASDAQ平均は4日続伸、個別材料株物色は活発

現在値
ドーン 2,405 -306
FクリG 119 +2
菊池製作所 1,135 -52
Uファブリ 1,384 -46
タカギセイ 3,005 -30
JASDAQ平均:3925.57 (+12.70)
出来高:9678万株
売買代金:682億円
J-Stock Index:3491.74 (-14.97)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は4日続伸し、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはともに反落して引けた。値上がり銘柄数は359(スタンダード333、グロース26)、値下り銘柄数は259(スタンダード252、グロース7)、変わらずが56(スタンダード53、グロース3)。 本日のJASDAQ市場は、模様眺めムードが強く小幅なレンジ内の動きにとどまった。本日の東京市場では、前日に日経平均が24000円台を回復したことによる達成感から、目先の利益を確定する売りが優勢となり、個人投資家のセンチメントもやや萎縮した。ただ、昨日、上昇が目立った値がさハイテク株などが売られる中、内需関連銘柄が多いJASDAQ市場は比較的底堅く推移した。また、決算発表を受けた好材料銘柄などには個人投資家の資金が向かっており、押し目を拾う動きも見られ、総じて堅調な展開となっていた。 個別では、好業績見通しを評価した買いからファンドクリG<3266>が前日比36円(+33.03%)高の145円と大幅に続伸し、ノンシリコーンでも高温工程で繰り返し使用可能な部品搬送用キャリアを開発したと発表した京写<6837>は前日比80円(+26.58%)高の381円とストップ高まで買われた。また、CSランバー<7808>、ヤマト・インダストリー<7886>、大日光<6635>もストップ高まで買われ、UFHD<4235>、タカギセイコー<4242>、菊池製作所<3444>も上伸した。このほか、FVC<8462>、ドーン<2303>、両毛システム<9691>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、第3四半期の純損益が赤字に転落したエスエルディー<3223>が前日比386円(-21.47%)安の1412円と大幅に続落し、一本調子の上昇に対する警戒感からメディアL<6659>は前日比45円(-10.95%)安の366円と急反落した。また、東京貴宝<7597>、トミタ電機<6898>、倉元<5216>が下落し、光・彩<7878>、JHD<2721>、多摩川HD<6838>も値を消した。このほか、テクノ・セブン<6852>、日本ロジテム<9060>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、ハーモニック<6324>、メイコー<6787>、フェローテク<6890>などが下落した。
株式会社フィスコ

最終更新:1月15日(水)16時21分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン