ここから本文です

〔東京外為〕ドル、109円台後半=材料難で動意薄(15日午後3時)

1月15日(水)15時04分配信 時事通信

 15日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は材料難で動意が乏しく、1ドル=109円台後半で推移している。午後3時現在は109円91~92銭と前日(午後5時、109円98~98銭)比07銭の小幅ドル安・円高。
 ドル円は海外市場で一時110円10銭前後まで上昇したものの、戻り売りに軟化し、東京時間の早朝には109円90銭台に緩んだ。午前9時前には米中貿易協議の先行きを懸念する売りに109円80銭台まで下押したが、押し目買いも入り、その後は109円90銭を挟む水準で小幅な値動きとなった。
 市場では「中東情勢や米中交渉をめぐる売買は一巡し、110円の大台に乗せた水準が上値」(国内銀行)とみられている。今後は「世界の景気動向を見ていく段階に入った」(同)といい、各種経済指標に目が向きそうだ。
 こうした中、「国内輸入企業の買いが下値で入りそうで、需給環境から見ると底堅い」(大手証券)との見方があった。
 ユーロは正午に比べ、対円で強含み、対ドルで上昇。午後3時現在は1ユーロ=122円38~38銭(前日午後5時、122円54~54銭)、対ドルで1.1132~1136ドル(同1.1141~1142ドル)。(了)

最終更新:1月15日(水)17時26分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン