ここから本文です

NY為替見通し=ドル円 110円付近の重さを感じさせる推移が続きそう

1月15日(水)20時50分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ドル円は、「米中貿易協議の第1段階合意にもかかわらず、米政府は対中関税を米大統領選挙後まで維持」との見解が伝わったことから、上値に積み上がっているストップロスの買いによる上振れを警戒しつつも、昨年5月以来の回復となった110円付近の重さを感じさせる推移が続きそうだ。

 合意第1段階でのポジティブなインパクトへの出尽くし感が生じる前に失速気味となっている。
 今夜は複数の米地区連銀総裁の講演や米地区連銀経済報告(ベージュブック)の公表を控えている。株高などを支えに景況は底堅いものの、インフレは抑制されているといった足元の地合いを強めに転じる手掛かりになりにくいだろう。
 講演では、今年の連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を有し、ややタカ派傾向とされるフィラデルフィア連銀のハーカー総裁の発言以外に、同じく投票権があり中道であるダラス連銀のカプラン総裁のスタンスに傾きがないかにも一応は注目したい。
 常任の投票メンバーであるNY連銀が公表する製造業景気指数は改善傾向が見込まれているものの、ドル相場を巡るセンチメントを大きく改善したり、中立派だがここもと下振れリスクへの言及が散見される同連銀のウィリアムズ総裁の見方を急変させたりするまでの材料にならないだろう。


・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、昨年5月21日高値110.67円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは8-14日の上昇幅38.2%押し109.23円。
関口

最終更新:1月15日(水)20時50分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン