ここから本文です

日経平均は112円程度高、買い優勢でスタート後も堅調推移=10日寄り付き

1月10日(金)9時32分配信 モーニングスター

現在値
武田薬 4,229 +66
アステラ薬 1,915.5 +2.5
コマツ 2,283 -17
ダイキン工 15,455 +10
ソニー 7,479 -43
 10日午前9時27分すぎの日経平均株価は、前日比112円程度安い2万3852円前後で推移する。午前9時4分には、同120円97銭高の2万3860円84銭を付けている。きのうの強い地合いが継続し、買い優勢でスタート。また、現地9日の米国株式市場で、中国との貿易交渉「第一弾」の合意文書への署名が15日に行われることや、トランプ米大統領がイランに対し、報復攻撃を行わないと表明したことで、NYダウとナスダック総合指数が、揃って史上最高値を更新したことも意識されている。為替市場でも、円相場が落ち着きをみせていることも支えのようだ。シカゴ日経平均先物の清算値は、9日の大阪取引所終値比45円高の2万3745円だった。

 業種別では、武田薬 <4502> 、アステラス薬 <4503> などの医薬品株や、コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械株が上昇。三菱倉 <9301> 、上組 <9364> などの倉庫運輸株や、大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券商品先物株も高い。ソニー <6758> 、キーエンス <6861> などの電機株や、富士フイルム <4901> 、花王 <4452> などの化学株も堅調。大日印 <7912> 、任天堂 <7974> などのその他製品株や、7&iHD <3382> 、イオン <8267> などの小売株も上げている。

 個別では、フリュー <6238> 、島忠 <8184> 、ソースネクス <4344> 、トプコン <7732> 、オオバ <9765> などが上昇。半面、フェリシモ <3396> 、乃村工芸 <9716> 、松屋 <8237> 、イオンモール <8905> 、石川製 <6208> などが下落している。

 東京外国為替市場は午前9時27分時点で、1ドル=109円台の半ば(9日終値は1ドル=109円34-36銭)、1ユーロ=121円台の半ば(同121円53-57銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月10日(金)9時32分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン