ここから本文です

ロンドン為替見通し=欧・英PMIに一応留意も動きにくそう

12月16日(月)13時55分配信 トレーダーズ・ウェブ

 米中通商協議の第1弾合意や英総選挙といった大きなイベントをこなし、欧米市場参加者が徐々にクリスマス休暇入りとなっていく局面とあって、今週以降は明確なトレンドを持った展開になりにくいだろう。
 そうしたなかでも本日のロンドンタイムは、ユーロ圏各国や英国の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値の発表に一応留意したい。取引が薄いなかでは、多少のまとまったフローで上下する場合がある。
 市場は総じて改善を見込んでおり、予想どおりなら欧州通貨の上方向の動きをケアすることになりそう。しかし、参考となる統計の乏しい指標であり、予想と逆へ向かうことも少なくない。捉え方がはっきりしない範囲の数字にとどまれば動意は限られそうだ。
 アジアタイムに発表となった中国経済指標が強めとなったことは、中国へ進出している企業が多い欧州にとっても支援となる。だが、やはり中国経済への依存度が高いオセアニアの通貨の反応は鈍かった。欧州通貨にとってポジティブな材料になるとの期待も高めにくい。
 限られたレンジにとどまり、NYタイムを迎える可能性が最も高いとみる。


・想定レンジ上限
 ユーロドルは先週末13日高値1.1199ドル、ユーロ円は同13日レンジの61.8%水準および12カ月移動平均線の122.20円。
 ポンドドルは先週末13日NYタイムのレンジ61.8%水準1.3435ドル、ポンド円も同じく同61.8%水準および心理的節目の147.00円。

・想定レンジ下限 
 ユーロドルは6日安値1.1040ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線120.95円。
 ポンドドルは先週末13日NYタイム安値1.3306ドル、ポンド円は12-13日の上昇幅に対する半値押し145.22円。
関口

最終更新:12月16日(月)13時55分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン