ここから本文です

<特集>掉尾の一振、期待の銘柄(4)=きんでん―好需給がポイント、割り負け感も

12月15日(日)8時04分配信 モーニングスター

現在値
きんでん 1,701 ---
 きんでん <1944> に狙い目がある。株価は、8月15日の年初来安値1502円を起点に底上げ軌道を描いている。一目均衡表の「雲」上を保ちつつ、25日移動平均線が200日線を上抜くゴールデンクロス(GC)も急接近しており、先高期待を温存させている。

 特にポイントになるのが好需給。6日申し込み現在の信用取引残高は、買い残が1万9000株にとどまり、売り残は23万株強と完全な売り長状態。さらに、同日報告分の株券等貸借週末残高によると、借り手のカラ売りポジションにつながる貸付残高が有担保分で100万株超に上っており、先行き買い戻し思惑が膨らむ可能性がある。

 20年3月期の連結業績予想は、売上高が5600億円(前期比7.4%増)、営業利益が404億円(同0.1%増)。利益は強含み横ばいながら、最高利益を更新中だ。一般電気工事をはじめ、情報通信工事や環境関連工事も堅調に推移し、会社計画は保守的との見方が根強く、収益プラスαへの期待もある。ちなみに、PER12倍台、PBR0.8倍台と割り負け感もあり、見直しの余地は少なくない。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月15日(日)8時04分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン