ここから本文です

【香港IPO】13日に4銘柄新規上場も初値はいずれも冴えない

12月13日(金)10時34分配信 サーチナ

13日、香港証券取引所メインボードに3銘柄、GEMに1銘柄が上場した。新規上場銘柄の初値はさえない。(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
13日、香港証券取引所メインボードに3銘柄、GEMに1銘柄が上場した。新規上場銘柄の初値はさえない。(イメージ写真提供:123RF)
 13日、香港証券取引所メインボードに3銘柄、GEMに1銘柄が上場した。米中貿易交渉に良い進展が見られたことを手掛かりに市場はハンセン指数が500ポイント(1.85%)超も値上がりする展開となっているが、新規上場銘柄の初値はさえない。
 
 辰林教育(01593)は公募価格2.20香港ドルに対し、初値は2.23香港ドルだった。
 
 同社は江西省の私立高等教育機関で、江西省南昌の江西応用科学大学(JUAS)を運営し、学部、および、短期大学のプログラム、ならびに、関連する多様な教育を提供している。2018/19年の学生数は5325人の学部生と8830人の短大生がいる。
 
 索信達(03680)は、公募価格1.50香港ドルに対し、初値は1.37香港ドルだった。
 
 同社は、深センに拠点を置き、銀行など金融機関向けにデータソリューションサービスを展開している。中国南部に拠点を置き、主に金融業界にサービスを提供するプロバイダーとしては業界5位の規模になる。
 
 人瑞人才科技(06919)は公募価格26.6香港ドルに対し、初値も同じ26.6香港ドルだった。
 
 同社は中国で人材サービス会社の先駆者で最大の人材派遣サービス会社。中国で唯一のO2O募集プラットフォームを持ち、柔軟な人材派遣サービスを実施している。20以上のオフィスを展開し、150以上の都市でサービスを提供している。
 
 GEMに上場した豊城(08216)は、公募価格0.6香港ドルに対し、初値は0.5香港ドルだった。
 
 同社は、香港の斜面工事請負業者。地滑り防止、および、改善のための工事と修復工事を行っている。すべての工事は香港で請け負っている。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:12月13日(金)10時36分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン