ここから本文です

菊池製作所が急落―第2四半期決算は下ブレ着地、一転最終赤字に

12月12日(木)9時22分配信 モーニングスター

現在値
菊池製作所 1,121 -6
 菊池製作所 <3444> が急落し、71円安の738円まで売られている。11日引け後に20年4月期第2四半期(19年5-10月)の連結決算を発表、下ブレ着地となり、嫌気されている。

 第2四半期決算は、売上高が27億2900万円(前年同期比6.0%減)、営業損益が800万円の黒字(前年同期は2000万円の赤字)、最終損益は5500万円の赤字(同800万円の黒字)となった。前回発表予想は、それぞれ28億円、2500万円の黒字、3000万円の黒字で、一転して最終赤字となる。試作・金型製品では、事務機器が落ち込み、時計分野および自動車分野などの拡大も進まず、売上高ならびに利益ともに当初予想を下回る結果となった。また、持分法適用会社が開発ならびに販売活動に注力した結果、関連費用が増加したことで収益が悪化し、その影響で持分法による投資損失が増大した。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月12日(木)9時22分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン