ここから本文です

午前:債券サマリー 先物反落、対中制裁関税見送り観測で売り優勢

12月11日(水)11時48分配信 みんなの株式

 11日午前の債券市場で、先物中心限月12月物が反落した。前日の米国債券市場で、米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果や英国の総選挙、中国への追加関税発動期限を待つ中で、米国の対中制裁関税の発動見送り観測が意識され軟調に推移した。この流れを引き継いだ形で売りが優勢となっている。一方、日経平均株価が続落となっていることが相場を下支えした。

 午前11時の先物12月限の終値は前営業日比23銭安の152円16銭。出来高は3兆2546億円となった。現物債の利回りは、10年債が前営業日比0.010%上昇のマイナス0.015%、20年債が同横ばいの0.280%だった。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:12月11日(水)11時48分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン