ここから本文です

米国株式市場:模様眺めムードが広がるなか、NYダウ・ナスダック続落

12月11日(水)7時46分配信 モーニングスター

 10日の米国株式は、続落した。NYダウが前日比27.88ドル安の2万7881.72ドル、ナスダック総合指数が同5.643ポイント安の8616.184ポイントで取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億7995万株、ナスダック市場が20億43万株だった。

 前日の弱い動きが継続し、売りが先行。11日にFOMC(米連邦公開市場委員会)の内容が発表され、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見が行われることや、15日には中国への第4弾の追加関税策の発動を控えることもあり、模様眺めムードが広がり積極的な売買は限られた。NYダウ採用銘柄では、3M(スリーエム)やボーイング、エクソン・モービルなどが値下がり率の上位に入っている。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、10日の大阪取引所終値比変わらずの2万3450円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月11日(水)7時46分

モーニングスター

 

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン