ここから本文です

【ディーラー発】オセアニア通貨強含み(欧州午後)

12月11日(水)21時30分配信 セントラル短資FX

午後に入ってもユーロ売りの流れが継続。対ドルで1.1077付近まで、対円で120円39銭付近まで下値を拡大した。また、ドル円は米債利回りの低下に伴い108円65銭付近まで売られ本日安値を僅かに更新。一方、オセアニア通貨は強含み、豪ドルは対ドルで0.6839付近まで、対円で円が74円35銭付近まで上伸したほか、NZドルも対ドルで0.6550付近まで、対円で71円19銭付近まで買い戻され東京時間からの下げ幅をほぼ埋めた。21時29分現在、ドル円108.714-716、ユーロ円120.426-430、ユーロドル1.10771-774で推移している。

最終更新:12月11日(水)21時30分

セントラル短資FX

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン