ここから本文です

【ディーラー発】円売り一時強まる(NY午前)

12月11日(水)0時46分配信 セントラル短資FX

「米中交渉担当者は米国が15日に予定している対中制裁関税第4弾の発動を見送る計画」との一部報道を受け、リスク選好の円売りが一時強まる展開。ドル円は108円74銭付近まで買われ本日高値を更新したほか、ユーロ円が120円46銭付近まで、ポンド円が143円25銭付近まで水準を切り上げる場面が見られた。ただその後は、米中協議への不透明感が再び漂うと戻り売りが持ち込まれ、ドル円クロス円共に上げ幅を削る状況となっている。0時45分現在、ドル円108.648-650、ユーロ円120.402-406、ユーロドル1.10819-822で推移している。

最終更新:12月11日(水)0時46分

セントラル短資FX

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン