ここから本文です

デモ続く香港、小売業で「史上最悪」の人員解雇と事業閉鎖を懸念

12月10日(火)11時10分配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): 年末商戦期に入っても抗議活動が続き小売業の妨げとなっている香港では、今後半年間に大規模な雇用削減や店舗閉鎖に見舞われる可能性がある。

香港小売管理協会(HKRMA)が9日発表した小売企業調査結果によれば、回答者の約30%が雇用を減らすと回答。43%が6カ月を超えて事業を続けることができないと答えた。調査対象となったのは176社(店舗数4310店、雇用者数8万9700人)。

謝邱安儀HKRMA会長は記者会見で、「キャッシュフローが改善されず、店舗の家主が協力しなければ、解雇と事業閉鎖の波が押し寄せるだろう」と述べた上で、「史上最悪になる」と予想。クリスマスと新年を控えた12月に入っても厳しい状況だとする同会長は、来年「1月の状況も楽観できない」と指摘し、「われわれは皆、生き残りを図っているが、時間との闘いだ」と語った。

中国政府の香港統治強化に反対するデモは今年6月に始まり、平和的な大規模行進がなされる一方で、過激化した参加者は交通網の遮断や店舗の破壊などに至っている。

原題:Hong Kong Set for ‘Worst Ever’ Wave of Layoffs, Store Closures(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.
Jinshan Hong

最終更新:12月10日(火)11時10分

Bloomberg

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン