ここから本文です

2020年は電気自動車の年へ

12月10日(火)22時00分配信 The Motley Fool

モトリーフール米国本社、2019年11月30日投稿記事より
電気自動車は、10年近くにわたりエンジン自動車の次の存在と言われてきました。
しかし、自動車市場ではいまだにマイナーな存在です。
マッキンゼー&カンパニーのレポートによると、電気自動車は、前年比63%の成長にもかかわらず、2018年の世界の自動車市場のわずか2.2%のシェアでした。
2020年には、電気自動車の勢いが新たな水準に達する可能性があります。
いったん勢いがつくと、この勢いは止まらないかもしれません。

テスラ(NASDAQ:TSLA)はSUV型のモデルYの販売を開始すると予想されています。
ゼネラルモーターズ(NYSE:GM)、起亜、ヒュンダイ、アウディ(OTC:AUDVF)、ポルシェ(OTC:POAHY)、 さらに多くの自動車メーカーが電気自動車に本格的に取り組んでいます。
そして、これらの電気自動車は以前見られたような非実用的な製品ではありません。
来年には、長距離走行が可能で、手頃な価格の車両が市場に投入される予定です。
電気自動車は、エンジン車と並んで普通に消費者の購入候補となる可能性が出てきました。

電気自動車の不安要素はかなり払拭
電気自動車が最初に直面したユーザーの不安は、充電ステーションから何マイルも離れて立ち往生してしまうのではないかというものでした。
特に初期の車両の航続距離は100マイル(160キロ)未満でしたので、電気自動車で長距離走行をするなんて、とても考えられませんでした。
距離への不安は完全になくなったわけではありません。
しかし、今日では、従来よりも電気自動車で長距離を運転することは難しくありません。
多くの場合、1回の充電で250マイル(402キロ)走ることができ、米国中の充電インフラに、どこからでもアクセスできます。
ドイツのWebサイト、スタティスタによると、米国には20,000の充電場所と57,000の充電プラグがあります。
これは、米国の15万のガソリンスタンドよりもまだ少ないとはいえますが、電気自動車は自宅でも充電できるという特長があります。
長距離をドライブする場合でも、どこで充電するかを少し計画するだけで、ほとんどすべてのドライブが可能になります。

様々なメーカーが参入
長年、テスラは、実際の機能性の観点から電気自動車を真剣に考えた唯一の会社でした。
競合他社よりも走行距離が長く、スタイリングが良く、充電ネットワークも充実していました。
しかし、販売は年間約2万台で停滞していることもあり、競合他社は出てきませんでした。
しかし、2020年代に入ると、テスラと競合する会社が多数出てくることは確実です。
充電ネットワークが充実し始め、全米で充電プラグが増えているため、充電の問題は解決されました。
そして、競合他社は、テスラのスタイルと走行距離に追いついてきています。
彼らはテスラの成功から学び、魅力的な製品を生み出し始めています。
起亜は、イー・ソウル(280マイル、451キロ)、ニロ(239マイル、385キロ)の走行距離で電気自動車をアピールしています。
それぞれ34,000ドルと38,500ドルと安価であり、これらは予算重視の買い手を引き付ける可能性があります。
ヒュンダイのコナ・エレクトリックは36,500ドルから販売されています。
コンパクトなハッチバックデザインであり、258マイル(415キロ)走ります。
電気自動車市場の高級ラインでは、注目される車両が発表されています。
アウディのイートロンは204マイル(328キロ)の航続距離を持ち、標準的なSUVスタイルを持っています。
この車は74,800ドルですから決して安くはありません。
しかし、アウディSUVはアウディファンを惹きつけるため、電気自動車市場である程度の地位を築くかもしれません。
ポルシェのタイカンは、テスラのモデルS を真正面から意識したモデルで、256マイル(412キロ)の航続距離、103,800ドルの価格です。
タイカンは、市場で最も印象的なスポーツ電気自動車とみなされており、テスラから顧客の一部を奪うでしょう。
これは皆が買える車ではありませんが、電気自動車市場に活気をもたらすでしょう。

電気自動車、これまで以上に魅力的な存在に
上記は全ての電気自動車を網羅しているわけではありませんが、市場動向がどのように変わってきているかを垣間見ることができます。
市場では選択肢が増えつつあります。
さまざまな自動車、SUV、低価格車、高級ブランド車が、来年の電気自動車市場に投入されます。
消費者が不安を乗り越え、電気自動車の優れた性能と費用対効果が受け入れ始められると、電気自動車市場は急速に拡大する可能性があります。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。元記事の筆者Travis Hoiumは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、テスラ株を保有し、そして推奨しています。
ザ・モトリーフール・ジャパン

最終更新:12月10日(火)22時00分

The Motley Fool

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン

外国株アクセスランキング