ここから本文です

日経平均は61円高と続伸、米株高で買いが先行、新経済対策も支え=6日前場

12月6日(金)11時42分配信 モーニングスター

現在値
大成建 4,595 +35
鹿島 1,449 +12
AGC 3,975 -25
東海カボン 1,007 -1
日本製鉄 1,623 +1.5
 6日前場の日経平均株価は前日比61円19銭高の2万3361円28銭と続伸。朝方は、米中貿易交渉の先行き警戒感が後退し、5日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行した。きのう夕方に閣議決定した新経済対策も支えとなり、一時2万3412円48銭(前日比112円39銭高)まで上昇した。一巡後は、利益確定売りに抑えられ、伸び悩み商状となった。

 東証1部の出来高は5億1970万株、売買代金は8470億円。騰落銘柄数は値上がり1101銘柄、値下がり936銘柄、変わらず120銘柄。

 市場からは「米中貿易交渉の話は二転三転しているが、ベースのところではちゃんと進んでいるとみられる。経済対策も相場にプラス作用している。ニュースで仕掛けられる場面もあろうが、下は堅くなっており、あとは上への材料待ちだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、大成建設 <1801> 、鹿島 <1812> などの建設株が堅調。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株や、東海カーボン <5301> 、AGC <5201> などのガラス土石株も高い。コマツ <6301> 、日立建機 <6305> などの機械株も買われた。

 半面、ブリヂス <5108> 、TOYO <5105> などのゴム製品株が軟調。王子HD <3861> 、大王紙 <3880> などのパルプ紙株や、日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株も安い。

 個別では、木村化工機 <6378> 、マイネット <3928> 、いであ <9768> 、ラクーンHD <3031> 、オルトプラス <3672> などの上げが目立った。半面、ニチコン <6996> 、神東塗 <4615> 、鎌倉新書 <6184> 、ファルテック <7215> 、オリバー <7959> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、17業種が上昇した。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月6日(金)11時42分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン