ここから本文です

<週末コメント> ─ 来週の相場展望 ─ 2019年12月6日

12月6日(金)17時04分配信 株探ニュース

 今週の日経平均終値は23354円40銭、前週末比60円49銭高でした。

 日経平均は小幅に続伸しましたが週足は小幅な陰線で上下に長いヒゲを引くなど気迷いの強い週でもありました。秋以降の相場は6週移動平均線(2万3217円)上を終値でキープし続けているので上昇基調を維持していることは間違いないのですが、最近は高値2万3500円前後にかけての上ヒゲが多く、カベとして意識されていることが分かります。ザラバで6週移動平均線を割り込んでもすぐに押し目買いで持ち直す状況から下値が堅いことも分かるのですが、上値を抜く実需が今は少ないので(出来高減)、来週も引き続き2万3000~3500円のレンジ相場を続ける可能性は高そうです。ただ、東証小型株指数やジャスダック平均が本日も年初来高値を更新しており、個人好みの小型内需株がより基調を強めていることは相場にとってプラスです。市場全体の底上げが進んでおり、将来的に日経平均が再度上放れるための素地となるからです。来週も米中貿易協議次第といったところはありますが、基本的には森よりも木を見る個別株物色が中心となっていくでしょう。(ストック・データバンク 編集部)

最終更新:12月6日(金)17時04分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン