ここから本文です

シノケングループ---通期連結業績予想及び配当予想を上方修正

12月4日(水)7時51分配信 フィスコ

現在値
シノケンG 1,344 +23
シノケングループ<8909>は2日、2019年12月期通期連結業績予想及び2019年12月期末の配当予想の修正を発表した。

売上高は前回予想比5.5%増の950.00億円、営業利益は同16.2%増の100.00億円、経常利益は同12.5%増の90.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同8.9%増の61.00億円にそれぞれ上方修正した。

不動産セールス事業の販売状況(引渡し)及びゼネコン事業が当初見通しに比べ好調に推移しており、不動産サービス事業、エネルギー事業、ライフケア事業においても順調に推移していることから、前回発表予想を上回る予定。

また、従来の期末配当予想を1株あたり15円としていたが、通期連結業績予想の修正を踏まえ、普通配当15円に加えて3円の特別配当、5円の創業30周年記念配当を予定しており、期末配当予想を23円とした。中間配当と合わせた年間配当は38円となる予定。


《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:12月4日(水)7時51分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン