ここから本文です

お金持ち流!100円ショップを使い倒すテクニック

12月4日(水)12時20分配信 あるじゃん(All About マネー)

◆お金持ちは100円均一ショップをどう考える? どう使う?

つい余計なものまで買ってしまいやすい100円ショップ。しかし、使い方を工夫すれば、より経済的に有利な選択ができるようになります。お金持ち流の100円ショップ活用法をお教えします。
拡大写真
つい余計なものまで買ってしまいやすい100円ショップ。しかし、使い方を工夫すれば、より経済的に有利な選択ができるようになります。お金持ち流の100円ショップ活用法をお教えします。
つい余計なものまで買ってしまいやすい100円ショップ。しかし、使い方を工夫すれば、より経済的に有利な選択ができるようになります。

私は、100円ショップの優位性は2つあると考えています。

1つは、もちろん安く買える点。家庭の消耗品や雑貨などは、他の店で買うよりも圧倒的に安いものがたくさんあることは、皆さんもご存じのとおりです。同じ用途の商品が安く買えるということは、より少ない出費で期待値と同等の効用を得られるわけですから、これは投資と同じ意味を持ちます。

ただし、台所洗剤やボールペンなど日常の使い勝手に直結するものは、有名メーカーの商品を買ったほうがよい場合もあります(ボールペンは書き味が良くない、洗剤は落ちが良くない、など)。

そういう意味における注意点としては、「何を100円ショップの商品で充分とし、何を品質や機能重視で選ぶべきか」を考え、自分なりの判断軸を持っておく必要があります。軸があれば、「安かろう悪かろう」にはなりにくいからです。

もう1つの効能は、100円ショップで得られる相場観が、モノの値段が高いか安いかを推し量る貴重なモノサシになる、ということです。

大型の100円ショップに行くと、身の回りに必要な小物・消耗品類のほとんどがラインナップされています。

そこで、100円ショップ以外の店(総合スーパーやドラッグストアなど)で何か消耗品類を買うとき、「100円ショップの商品と比べて高いのか安いのか」を考えてから財布を開くようにすると、より賢い買い物ができるでしょう。

◆価格の比較軸を持つ

一例として私の体験談をご紹介します。たとえば、私は本を大量に購入するため、読み終わって不要になった本を、アマゾンマーケットプレイスなどネットの中古書店で販売しています。

そのため、送付用の封筒が必要ですが、最初は100円ショップで12枚入りのものを買っていました。化粧品などを売るわけではないので、100円ショップの茶封筒で十分だからです。

以前は、数が少なかったのでこれでもよかったのですが、販売量が増えると、12枚入りでは間に合わなくなったため、ネットの文具店を検索してみました。

すると、アスクルで100枚単位で買うと、1枚あたりの単価が100円ショップより安くなることに気づきました。まとめ買いをすると保管スペースを取りますが、こちらのほうが安いし、100枚くらいはすぐになくなるからと判断し、アスクルに切り替えたのです。

またある日、スーパーマーケットに行ったとき、調味料入れが必要だったことを思い出しました。そのスーパーでは250円。100円ショップに行くと、ほぼ同じ大きさ・形状のものを売っていたので、100円ショップで買いました。

今は100円ショップだけでなく、比較対象にイオンの「トップバリュ」が加わっています。たとえば45リットルのゴミ袋。私が調べたところ、ネットショップや100円ショップより、トップバリュのゴミ袋はさらに安くなっていました。

今は、スマホがあれば店頭でも価格を検索・比較できるため、緊急で必要だとか、近くに該当商品を売っている店がない場合を除き、私は常に比較するようにしています。

100円ショップに行っても、商品をすぐにレジに持っていくのではなく、とりあえず買い物カゴに入れた状態で、店内を歩きながらスマホで検索。もっと安いところがあれば、カゴの中の商品は棚に戻して、というような行動パターンです。
午堂 登紀雄(マネーガイド)

最終更新:12月4日(水)12時20分

あるじゃん(All About マネー)

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

1. (株)キーエンス 2,110万円
2. GCA(株) 2,063万円
3. (株)三菱ケミカルホールデ… 1,738万円
4. ヒューリック(株) 1,636万円
5. 三菱商事(株) 1,607万円
6. TBSホールディングス 1,586万円
7. 伊藤忠商事(株) 1,520万円
8. 日本商業開発(株) 1,501万円
9. ソレイジア・ファーマ(株) 1,460万円
10. 三井物産(株) 1,430万円
もっと見る

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン