ここから本文です

〔東京株式〕値下がりスタート=米株安引き継ぐ(4日前場寄り付き)

12月4日(水)9時17分配信 時事通信

 【第1部】日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに値を下げて始まった。米中貿易協議が難航するとの警戒感を背景に主要株価指数が下落した米国市場の流れを引き継ぎ、売りが先行している。
 ソニー、東エレク、アドバンテスが軟調で、SUMCOは反落している。トヨタが小甘く、コマツは安い。三菱商は続落。ファーストリテが売られ、資生堂、アステラス薬は値を下げている。三菱UFJ、KDDI、楽天も下落。半面、ソフトバンクGが底堅く、バンナムHDは小幅高。花王は堅調。JR東日本、関西電、NTTドコモが強含み、住友不は小反発。富士通は続伸している。(了)

最終更新:12月4日(水)11時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン