ここから本文です

今日の株式見通し-軟調か 米中合意は大統領選後の可能性も

12月4日(水)8時42分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は軟調か。米国株は大幅下落。ダウ平均は280ドル安の27502ドルで終えた。トランプ米大統領が中国との交渉に関して、合意が来年の大統領選後となる可能性を示唆したことで、リスクオフムードが強まった。ドル円は円高が進み、足元では108円60銭近辺で推移している。CME225先物は円建て、ドル建てともに大証日中終値と比べて195円安の23135円で取引を終えた。

 米中合意期待が大きく後退したことで、全般的に売りに押される展開が想定される。CME225先物は23100円台からのスタートを示唆しており、日経平均はきのう同様、序盤は全面安となるだろう。ただ、ダウ平均は一時400ドル超下げたところからは持ち直して終えた。また、出てきた材料の割にはドル円は比較的落ち着いている。これらの点から、節目の23000円はサポートになると考える。連日で悪材料が出てきたことで戻りは限られるだろうが、売り一巡後は下げ渋ると予想する。日経平均の予想レンジは23000円-23250円。

最終更新:12月4日(水)8時42分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン