ここから本文です

本土寄り付き:反落スタート、米中協議の先行き不透明感を嫌気

12月3日(火)10時40分配信 トレーダーズ・ウェブ

 2日の中国本土株式市場で上海総合指数は反落スタート。安く寄り付いた後に、マイナス圏でもみ合う展開。米中通商協議を巡る先行き不透明感を嫌気する売りが先行している。ロス米商務長官は2日、中国と進める貿易協議の「第1段階合意」がまとまらない場合、15日に予定通り追加関税を発動する見通しを示した。一方、中国は「既に課されている関税の撤廃」を合意の最優先事項としている。

 指数は日本時間午前10時39現在、前日比0.43%安の2863.33ポイントで推移。セクター別では、貿易、防犯設備、医療・製薬が安い。半面、産金の一角が買われている。
千原由

最終更新:12月3日(火)10時40分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン