ここから本文です

JASDAQ平均は小幅ながら8日続伸、個人よる中小型株物色は旺盛/JASDAQ市況

12月3日(火)16時31分配信 フィスコ

JASDAQ平均は小幅ながら8日続伸、個人よる中小型株物色は旺盛

現在値
nmsHD 609 +25
SLD 1,487 -12
ODKソリ 555 ---
ウチダエス 5,600 +470
倉元製 119 -7
JASDAQ平均:3689.81 (+4.27)
出来高:6926万株
売買代金:680億円
J-Stock Index:3445.72 (+4.24)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小幅に8日続伸、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはともに3日続伸した。値上がり銘柄数は273(スタンダード261、グロース12)、値下り銘柄数は314(スタンダード294、グロース20)、変わらずは86(スタンダード82、ロース4)。 本日のJASDAQ市場は、米国株安や円高を嫌気して売りが先行して始まったものの、個人投資家による中小型株物色は旺盛で押し目買いが次第に増加した。前日の米国市場は、米中貿易協議に警戒感が強まったことなどから、NYダウなどが続落した。円相場も1ドル=109円台前半と円高傾向にあり、日経平均も反落スタートとなったことから、JASDAQ市場にも売りが波及した。ただ、午後に入り、日銀によるETF買い観測が広がったことから、日経平均が下げ渋ると、JASDAQ市場にも押し目買いが優勢になったほか、市場では「個人の中小型株への投資意欲は旺盛で、テーマ性銘柄や個別に好材料のある銘柄や値動きの軽い銘柄を中心に買い気が強まった」との声も聞かれ、売り一巡後は戻り歩調に転じた。 個別では、前日に制限値幅いっぱいまで買われた流れを引き継いだエスエルディー<3223>が前日比300円(+21.28%)高の1710円、5G関連株として物色人気が継続しているトミタ電機<6898>が前日比300円(+20.27%)高の1780円、好決算を評価する動きが続いたウチダエスコ<4699>は前日比700円(+20.23%)高の4160円といずれもストップ高まで買われ、KYCOM<9685>、倉元<5216>、nms<2162>も上伸した。また、ワットマン<9927>、ホロン<7748>、シノケンG<8909>が値を上げ、ODK<3839>、オリコン<4800>、リバーエレテク<6666>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、一本調子の上昇に対する警戒感から利食い売りが先行したピープル<7865>は前日比167円(-11.40%)安の1298円と9日ぶりに大幅に反落し、ゼネパッカー<6267>、前田製作<6281>も値を下げた。また、セルシード<7776>、出前館<2484>、ジェクシード<3719>が値を消し、新都HD<2776>、NEWART<7638>、fonfun<2323>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、マクドナルド<2702>、田中化研<4080>、メイコー<6787>などが上昇した。
株式会社フィスコ

最終更新:12月3日(火)16時49分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン