ここから本文です

【ディーラー発】円買い一時強まる(欧州午後)

12月3日(火)20時51分配信 セントラル短資FX

トランプ米大統領による「中国との貿易合意に期限はない」等の発言が嫌気され、リスク回避の円買いが一時強まる展開。ドル円は米債利回りの低下幅拡大も重石となり、前日安値を下抜けると108円81銭付近まで値を崩した。クロス円はポンド円が141円18銭付近まで、豪ドル円が74円43銭付近まで反落したほか、ユーロ円は120円44銭付近まで売られた。また、南ア・GDPの予想比下振れを受け、ランド円は7円40銭付近まで水準を切り下げている。20時48分現在、ドル円108.865-867、ユーロ円120.583-587、ユーロドル1.10764-767で推移している。

最終更新:12月3日(火)20時51分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン