ここから本文です

【ディーラー発】豪ドル買い優勢(東京午前)

12月3日(火)10時39分配信 セントラル短資FX

豪・RBA政策金利発表を控える中、豪・経常収支の予想比上振れを受け豪ドル買いが強まる展開に。豪ドルドルが0.6842付近まで、豪ドル円も74円45銭付近まで値を上げたほか、ユーロ豪ドルは1.6226付近まで下落するなど対主要通貨で豪ドルが強含み。そうした中、ドル円は大幅反落して始まった日経平均が下げ幅を縮小する動きにつれ109円14銭付近まで上昇、他クロス円ではユーロ円が120円85銭付近まで、NZドル円が70円96銭付近まで水準を切り上げている。10時38分現在、ドル円109.068-070、ユーロ円120.758-762、ユーロドル1.10721-724で推移している。

最終更新:12月3日(火)10時39分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン