ここから本文です

米国市場サマリー(2日)☆2

12月3日(火)10時01分配信 時事通信

【債券】長期金利、上昇=10年債利回りは1.82%
 ニューヨーク金融・債券市場では、中国や欧州の良好な経済指標を手掛かりに債券が売られ、長期金利は上昇した。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前週末比0.05%ポイント上昇の1.82%となった。
 30年債利回りは0.07%ポイント上昇の2.27%、2年債利回りは横ばいの1.61%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0051%ポイント低下の1.5774%だった。
 
【石油先物】WTI、3日ぶり反発
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、需給均衡化への期待が膨らみ、3営業日ぶりに反発した。米国産標準油種WTIの中心限月1月物の清算値は、前週末比0.79ドル(1.43%)高の1バレル=55.96ドル。2月物は0.77ドル高の55.91ドルだった。(続)

最終更新:12月3日(火)12時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン