ここから本文です

フェローテックHD---国産化の加速で成長が見込まれる中国市場を視野に、半導体シリコンウェーハ新工場を中国杭州で竣工

12月2日(月)9時19分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
フェロテク 939 +14
フェローテックホールディングス<6890>は、新たに中国浙江省杭州市に半導体ウェーハの新工場(杭州中欣晶園半導体股フン有限公司)を建設し、11月22日に竣工式を執り行ったことを発表。

新工場では、8インチを最終的に月産35万枚(35万枚体制の確立は、2021年末頃を予定)、12インチは試作ラインの3万枚を第1期として、市場の需要動向を見極めながら、最終的に月産20万枚の体制構築が可能なスペースを確保した。

同社は「半導体等装置関連セグメント」のシリコンウェーハ加工事業に関して、現在上海工場に6インチを月産40万枚、8インチを10万枚の生産能力を保有。中国政府は、半導体分野に関し、IC、製造装置、シリコンウェーハ、その他部材などの自国内での国産化の方針を掲げている。同社は、半導体ウェーハや製造装置部材などにおいても、中国で生産をする他企業に対し、技術的な優位性も高い事から、中国国内での半導体市場の成長に各製品、サービスで貢献出来る可能性が高いと考えている。尚、竣工式当日は、日中の有識者による、「中国半導体産業フォーラム」も開催され、現在の中国半導体産業の動向や今後の中国国産化加速の背景などについて議論が交わされた。

同社の製品は、シリコンウェーハ以外にも、半導体製造装置向け冶具・消耗材の石英、セラミックス、シリコンパーツ、CVD-SiCのマテリアル4製品、および売上伸長が顕著な装置部品洗浄や、パワー半導体基板など、半導体市場のグローバルな成長、とりわけ、中国市場の国産化の恩恵を受ける製品群を多く取り揃えている事から、今後も市場や顧客の需要に見合った規模の事業拡大を検討していく方針だ。尚、今後通信基地局で5G用の通信機器の導入が進む予定だが、対象部品の冷却など、温度コントロールに利用される、同社のサーモモジュールに関しても需要拡大が見込まれる。

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:12月2日(月)9時23分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン