ここから本文です

JASDAQ平均は3日ぶりに反発、東証1部の主力株の買い戻しでセンチメント改善/JASDAQ市況

11月22日(金)16時46分配信 フィスコ

JASDAQ平均は3日ぶりに反発、東証1部の主力株の買い戻しでセンチメント改善

現在値
nmsHD 607 -24
fonfu 475 ---
オリコンH 2,721 +66
フジタC 994 -8
ウチダエス 5,630 +770
JASDAQ平均:3603.25 (+16.50)
出来高:8117万株
売買代金:391億円
J-Stock Index:3289.40 (+3.40)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはいずれも3日ぶりに反発した。値上がり銘柄数は367(スタンダード345、グロース22)、値下り銘柄数は219(スタンダード212、グロース7)、変わらずは76(スタンダード69、グロース7)。 本日のJASDAQ市場は、主力の東証1部市場で指数寄与度の高い電子部品関連株が堅調に推移したことにより日経平均が上昇したほか、円相場も1ドル=108円台後半で落ち着いた動きとなっていたことから、個人投資家マインドが改善し、買い戻しの動きが先行した。本日の上昇でJASDAQ平均は節目の3600.00ptを上回り年初来高値を更新した。 個別では、補正予算関連として循環物色されたウチダエスコ<4699>が前日比500円(+20.15%)高の2982円、値動きの軽さから値幅取りの動きが強まったfonfun<2323>も前日比80円(+19.95%)高の481円とともにストップ高まで買われた。また、栄電子<7567>、オリコンHD<2498>、AKIBA<6840>が上伸したほか、多摩川HD<6838>、フジタコーポ<3370>、トスネット<4754>、nms<2162>、構造計画<4748>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、5日移動平均線を大きく下回った日本サード<2488>が前日比173円(-13.88%)安の1073円と急落し、RISE<8836>、トレイダーズ<8704>、テーオーHD<9812>なども値を消した。この他では、日本創発<7814>、小僧寿し<9973>、セルシード<7776>、東洋合成<4970>、IMV<7760>、ナガオカ<6239>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、メイコー<6787>、フェローテク<6890>、田中化研<4080>などが上昇した。
株式会社フィスコ

最終更新:11月22日(金)16時54分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン