ここから本文です

東京為替:ドル・円は108円40銭台、米中通商協議の先行き不安でドル伸び悩み

11月21日(木)9時38分配信 フィスコ

21日の東京市場でドル・円は108円40銭台で推移し、伸び悩む状態が続いている。米中通商協議における第1段階の年内合意は難しいとの見方が広がっており、リスク選好的な円売りはさらに縮小している。ここまでのドル・円は108円40銭から108円61銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1073ドルから1.1079ドル、ユーロ・円は120円06銭から120円29銭で推移している。

■今後のポイント
・米中による輸入関税の段階的撤回への期待
・将来的な米利下げの可能性残る
・日米の政治不安

・NY原油先物(時間外取引):高値57.05ドル 安値56.83ドル 直近値56.88ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:11月21日(木)9時38分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン