ここから本文です

前場コメント No.7 太陽誘電、ヤマハ発動機、任天堂、関西ペイント、ITbookなど

11月20日(水)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
ITbk 393 -7
関西ペ 2,826 +6
ヤマハMR 554 +11
太陽誘電 3,070 +20
ヤマハ発 2,274 -10
★9:25  太陽誘電-JPモルガンが目標株価引き上げ 下期以降のデータセンター需要回復に期待
 太陽誘電<6976>が底堅い。JPモルガン証券では、下期以降のデータセンター需要回復に期待。投資判断「Overweight」を継続、目標株価を3150円→3600円と引き上げた。
 MLCC需要は想定以上に弱いが、ハイエンドMLCCの値下げは限定的。下期以降、基地局に加え、データセンタ向けのMLCC需要回復が期待され、来期以降は再びITインフラおよび自動車向けをけん引役に利益成長が続く見通し。目標株価は基準年を21年度に移行した上で、セクターマルチプル上昇を考慮し、PER14倍で算出。

★9:31  ヤマハ発動機-BofAMLが目標株価引き上げ 欧州二輪とロボティクスの販売動向に注目
 ヤマハ発動機<7272>が底堅い。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BofAML)では、来20.12期は欧州二輪とロボティクスの販売動向に注目。投資評価「買い」を継続、目標株価を2450円→2700円と引き上げた。
 3Q決算後取材や直近のマクロ動向を踏まえて、業績予想を若干増額修正。業績への基本的な見解は不変であるとし、来20.12期は(1)今下期に出荷増となる欧州二輪の小売販売動向(特に上期)や、(2)ロボティクス事業の回復動向が焦点。直近の株式市場は、特に(2)の見極め/精査が焦点となっている印象。BofAMLでは、同事業(主にチップマウンタ)の出荷台数を今19.12期:2934台(前期比-21%、会社計画:2889台)→来20.12期:3192台(同+9%)と予想。

★9:33  任天堂-3日続伸 国内初の直営店「ニンテンドートウキョウ」が22日渋谷にオープン 報道陣に公開
 任天堂<7974>が3日続伸。同社は19日、22日に開業する国内初の公式グッズ店「ニンテンドートウキョウ」を報道陣に公開したと複数メディアが報じている。
 20日付の日本経済新聞朝刊によると、米ニューヨークに次ぎ世界で2番目の公式店で「マリオ」など看板キャラクターを使ったぬいぐるみや食器、Tシャツなどを幅広くそろえるもよう。外国人客にも人気の高い東京・渋谷の商業施設「渋谷パルコ」の改装開業にあわせ、6階に300平方メートルの店を開くとしている。

★9:36  関西ペイント-4日続伸 利益創出にこだわる会社へ変化しつつある 「買い」再強調
 関西ペイント<4613>が4日続伸。ゴールドマン・サックス証券では、利益創出にこだわる会社へ変化しつつあると判断。投資判断「買い」を再強調、目標株価は2800円→3050円と引き上げた。
 今20.3期経常利益の会社計画415億円の達成はやや難しいと考えるとしたが、外部環境が厳しい中でも、各地域ごとにさまざまな施策を打つことで利益確保を図ろうとしている点は見逃すべきではないと判断。インドの循環回復に加え、低収益資産の整理やコスト削減など、自助努力による利益拡大も来期にかけた増益ドライバーとなる見通し。

★9:40  ヤマハモーターロボティクス-三菱UFJMSが目標株価引き下げ FA装置の受注は増加
 ヤマハモーターロボティクスホールディングス<6274>が変わらずを挟んで3日続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、FA装置の受注は前四半期比増加しているとみて、投資判断「Buy」を継続した。目標株価は710円→680円と引き下げた。
 拠点統廃合など構造改革は着実に実施されていること、2020年メモリー投資回復の確度が高まっていることなどから「Buy」を継続。営業損益予想は事業環境、構造改革のペースなどが想定通りのため、従来予想を継続。ただし、2Qでの投資有価証券評価損1.7億円計上などを踏まえ、営業外収支を見直し、経常損益以下を修正。今19.12期2Q(7~9月)は売上高60億円(従来予想42億円)、営業損失12.8億円(同13.8億円)。

★9:42  ITbookなど-マイナンバーカード関連が高い 五輪後に25%還元の新ポイント制度
 ITbookホールディングス<1447>、ジャパンシステム<9758>などマイナンバーカード関連銘柄が高い。共同通信が19日、政府が同日、マイナンバー(個人番号)カードを活用して新たに始めるポイント還元事業の全容を固めたと報じたことが材料。
 記事によれば、申請できるのは東京五輪後の2020年9月から21年3月までの7カ月間で、最大2万円までのキャッシュレス決済の利用や入金につき、25%に当たる5000円分のポイントを付与。20年度当初予算案に関連費用約2500億円を計上する方向で調整しているとしている。
小林

最終更新:11月20日(水)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン