ここから本文です

20日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

11月20日(水)8時31分配信 モーニングスター

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円00銭-108円80銭

 20日の東京外国為替市場で、ドル・円は上値の重い展開とみる。米中貿易問題や香港情勢をめぐる米中間の対立激化懸念が重しになりそう。トランプ米大統領が19日、米中貿易協議について、「中国が合意できなければ関税を引き上げる」と発言。また、米上院が香港人権法案を可決した。成立すれば中国の反発が予想され、米中関係に対する懸念が強まっている。前日の米国株もNYダウが下落しており、日経平均株価が弱含むようだとリスク回避の円買いが強まる可能性がある。

<主な経済指標・イベント>
国内:10月貿易統計
北米:10月29-30日開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月20日(水)8時31分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン