ここから本文です

【ディーラー発】ドル円、上下に振れる(東京午前)

11月20日(水)10時51分配信 セントラル短資FX

「米上院、香港人権法案を可決」との報道を受け、ドル円は108円38銭付近まで値を落としたものの、ロス米商務長官の「中国と合意できるとの期待あると思う」等との発言や続落して寄り付いた日経平均の下げ幅縮小を支えに108円58銭付近まで反発。しかしその後、「中国、香港人権法案巡り報復をあらためて表明」との報が伝わると108円35銭付近まで再び急反落。また、クロス円もドル円の動きに連れ総じて上下に振れる神経質な値動きとなっている。10時48分現在、ドル円108.460-462、ユーロ円120.087-091、ユーロドル1.10720-723で推移している。

最終更新:11月20日(水)10時51分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン