ここから本文です

〔ロンドン外為〕円、108円台半ば(19日)

11月20日(水)1時19分配信 時事通信

 【ロンドン時事】19日のロンドン外国為替市場の円相場は、米長期金利の動きを眺めて1ドル=108円台後半から前半のレンジを上下した。午後4時現在は108円45~55銭と、前日同時刻(108円50~60銭)比05銭の円高・ドル安。
 東京市場で一時108円台前半に上昇した円は、その後ジリ安の展開に転じた。ロンドンでは欧州株価の戻りや米金利の上昇を背景に、午前10時半すぎに108円83銭に水準を切り下げた。しかし、午後に入ると米金利が低下。円は買い戻され、108円47銭に切り返した。新規の売り買い材料に乏しく、商いは総じて閑散だった。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1075~1085ドル(1.1075~1085ドル)。対円では同120円15~25銭(120円25~35銭)。
 ポンドは1ポンド=1.2925~2935ドル(1.2960~2970ドル)。欧州連合(EU)離脱の是非を最大の争点とした12月12日投開票の英総選挙で、与党・保守党を率いるジョンソン首相と、野党第1党・労働党のコービン党首による一騎打ちの党首討論が民放ITVで19日に放送される。今後の選挙戦を占う上で注目を集めるイベントとなりそうだ。
 このほか、スイス・フランは1ドル=0.9890~9900フラン(0.9870~9880フラン)。(了)

最終更新:11月20日(水)2時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン