ここから本文です

午前:債券サマリー 先物続伸、米長期金利の低下が波及

11月19日(火)11時50分配信 みんなの株式

 19日午前の債券市場で、先物中心限月12月物が続伸した。米中貿易協議を巡る悲観的見方を背景に米長期金利が低下した流れを引き継ぎ、堅調に推移した。日経平均株価が3日ぶりに反落したことも債券の買いを促した。一方、中国人民銀行(中央銀行)が前日、公開市場操作(オペ)で売却条件付き債券購入(リバースレポ)の金利を10月実施分から引き下げたことがが追加の景気刺激策と受け止められており、中国の景気減速懸念がやや後退した見方から積極的な買いが手控えられた。

 午前11時の先物12月限の終値は前営業日比9銭高の153円34銭。出来高は1兆300億円となった。現物債の利回りは、10年債が前営業日比0.010%低下のマイナス0.100%、20年債が同0.010%低下の0.275%だった。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:11月19日(火)11時50分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン