ここから本文です

ロンドン為替見通し=独7-9月期GDP速報値に要注目か

11月14日(木)13時46分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ロンドン市場のユーロドルは、独7-9月期GDP速報値に注目する展開となる。
独7-9月期GDP速報値は前期比-0.1%と予想されており、予想通りならば、2四半期連続してマイナス成長となり、リセッション(景気後退)に陥ることになる。ドイツ経済がリセッション(景気後退)に陥ることは、中期的なユーロ売り要因だが、ドイツ政府が財政出動の可能性を示唆していることは、短期的なユーロ買い要因となる。
 ユーロドルは、1.0990ドルと1.0980ドルに買いオーダーが控えているものの、割り込むとストップロス売りが控えており、ドイツのリセッション(景気後退)入りを受けた売り仕掛けに要警戒となる。
 7-9月期ユーロ圏GDP改定値は、前期比+0.2%、前年比+1.1%と予想されており、ネガティブサプライズに要警戒となる。
 また、トランプ米大統領が、「通商拡大法232条」に基づき、国家安全保証状の観点から自動車と自動車・部品に最大25%の追加関税を課すかどうか決断を下す、と述べており、関連ヘッドラインに要警戒か。
 
・想定レンジ上限
 ユーロドルの上値目処(めど)は、一目均衡表・転換線の1.1085ドル、ユーロ円は一目均衡表・転換線の120.44円。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値目処(めど)は、一目均衡表・雲の下限の1.0975ドル、ユーロ円は10月15日の安値の119.12円。
山下

最終更新:11月14日(木)13時46分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン