ここから本文です

東京為替:ドル・円は108円90銭近辺で推移、株安に対する目立った反応見られず

11月13日(水)9時44分配信 フィスコ

13日午前の東京市場でドル・円は108円90銭台で推移し、もみ合う状態が続いているようだ。日経平均株価は129円安で推移しているが、株安を嫌気したドル売り・円買いは増えていないようだ。仲値時点のドル需要は通常並と予想されている。ここまでのドル・円は108円95銭から109円04銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1007ドルから1.1014ドル、ユーロ・円は119円95銭から120円09銭で推移している。

■今後のポイント
・米中による輸入関税の段階的撤回への期待
・将来的な米利下げの可能性残る
・英国のEU離脱期限は2020年1月31日まで延期

・NY原油先物(時間外取引):高値56.80ドル 安値56.61ドル 直近値56.63ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:11月13日(水)9時44分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン