ここから本文です

JASDAQ平均は小幅続伸、好決算銘柄への投資続く/JASDAQ市況

11月13日(水)16時36分配信 フィスコ

JASDAQ平均は小幅続伸、好決算銘柄への投資続く

現在値
イメージ1 632 ---
セリア 2,970 ---
歯愛メディ 3,375 ---
ネクストW 261 ---
ナガオカ 2,152 ---
JASDAQ平均:3554.99 (+6.02)
出来高:1億57万株
売買代金:506億円
J-Stock Index:3258.49 (+12.15)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小幅に3日続伸し、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはともに4日続伸した。値上がり銘柄数は230(スタンダード222、グロース8)、値下り銘柄数は367(スタンダード339、グロース28)、変わらずは57(スタンダード56、グロース1)。 本日のJASDAQ市場は、本格化している新興市場の決算発表を受けた個別材料株を中心に物色意欲が盛り上がった。また、ユニバーサル<6425>、セリア<2782>など時価総額上位銘柄の一角が堅調に推移したこともプラスに働いた。ただ、時間外取引での米国株の下落や日経平均の200円を超す反落などを受けて、短期的な相場上昇に対する警戒感も台頭し、利益確定売りも散見された。結果、上昇して始まった後は上値の重い展開となり、全般は小幅な値動きにとどまった。 個別では、連日ストップ高水準まで買われた流れを引き継いだナガオカ<6239>が前日比300円(+28.76%)高の1343円、好業績を評価する動きが続いたセレスポ<9625>も前日比400円(+24.21%)高の2052円、今期営業損益の黒字転換を見込むイメージワン<2667>は前日比100円(+19.34%)高の617円、東芝デバイス&ストレージによる株式公開買い付け(TOB)に賛同の意を表明したニューフレア<6256>も前日比1500円(+15.50%)高の11180円と4銘柄そろってストップ高まで買い進まれた。このほか、歯愛メディカル<3540>、ネクストウェア<4814>、小僧寿し<9973>、AKIBA<6840>、日本アイ・エス・ケイ<7986>、日本一S<3851>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、前日の急騰の反動からRISE<8836>が前日比7円(-16.67%)安の35円と反落し、グロームHD<8938>も15%超と大きく下落した。上半期営業利益が2ケタ減益となり、事前の会社予想値も大幅に下回った栄電子<7567>は前日比60円(-8.97%)安の609円と下げた。また、今期営業利益が2ケタの減益見通しとなったCSSHD<2304>、上半期営業損益が前年に続き赤字となったリバーエレテク<6666>、10月の月次売上高が前年同期比で25.3%減となったアマガサ<3070>、その他、シンバイオ製薬<4582>、ドーン<2303>、中央化学<7895>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、セリア、ユニバーサル、ベクター<2656>などが上昇した。
株式会社フィスコ

最終更新:11月13日(水)16時44分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン